ハワイ王国

アメリカのハワイ州

元々は、ハワイ王国でした。

1843年の今日は、ハワイ王国がイギリスとフランスから独立国として公式に認められた日です。

昔のハワイは、それぞれの島にAli’iという王様がいました。

そのハワイ諸島を統一したのがカメハメハ1世。

彼はハワイ諸島統一後、農業などの普及、ハワイ王国の憲法制定に尽力し、ハワイを平和で豊かなものにしていきました。

ハワイの歴史は決して明るいものだけではありません。

1778年にジェームズ・クック船長がハワイを発見してから、多くの白人がやってきて、近代化の波に飲まれて行きます。

白人の中にはキリスト教の宣教師もいました。

当時のハワイアンは文字をもたなかったため、白人からは野蛮な文化とレッテルを貼られ、ハワイ語やフラを踊ることを禁止していきました。

ハワイアンにとって神さまのものとされている土地も奪っていきました。

そして、ハワイ王国最後のリリウオカラニ女王をイオラニ宮殿に幽閉し、アメリカに統合していく…

Aloha ‘oe(アロハオエ)という曲は、リリウオカラニ女王が幽閉されている時にハワイアンの人たちを想って作られた曲なんですよ。

かなり端折ってしまいましたが、そんな悲しい歴史がハワイにはあります。

ハワイに旅行するときはショッピング以外に歴史に触れてみるのもおすすめですよ。

from れおん

11月8日は梱包の日

いい(11)パッ(8)クということで、今日は梱包の日だそうです。

メジャーなのは世界都市計画の日とか、いい歯の日だと思いますが、ここは贈り物ブログなのでぶれずにパックを選びました。

パッケージの基本は包装。

人間が自給自足するようになった大昔から、収穫した作物を保存や運搬のために包装していました。

すごいなーと思ったのが、その大昔から昭和20年代まで包装は木の皮や藁、木箱など身近な天然素材が使われていたこと。

昭和30年代になると、包装の素材にガラスや金属が加わりました。また、生活も大量消費になってきたのでプラスチック製の容器が出てきました。

昭和40年代になると、包装の役割が商品の保護に加えて豪華に見せるもの(ラッピング)に変わっていきます。

これはリングケースですが、ケースの中はお花に成っていて中心部に指輪を入れます。

そして、ケースを開くとお花が開いていく…というもの。

プロポーズやクリスマスプレゼント、結婚記念日などで使ったら、ロマンティックですね。

渡し方、見せ方にもドラマ性が出てくるとは、包装もコツコツと進化しているものですね。

from れおん

11月1日は紅茶の日

今日、11月1日は紅茶の日なんです。

なんで紅茶の日なのか調べてみました。

江戸時代後期、大黒屋光太夫という船の船頭さんがロシアで正式なお茶会に呼ばれて紅茶を飲んだことに由来します。

おしゃれな感じがしますが、実際は海難事故でロシアに漂流したこと。

日本に帰国する許可が出るまでに10年の歳月がかかったそうです。

三重県鈴鹿市のご出身だそうで、記念館まであるんですね。知らなかった。。。

●紅茶の歴史

折角なので、紅茶の歴史を調べてみました。

紅茶は緑茶と同じツバキ科の常緑樹が原料になりますが、原種は中国の雲南省からチベット、ミヤンマーにかけて山岳地帯に生息しているものでした。

もとは、不老長寿の薬として高貴な人だけが飲めるものでしたが、6世紀頃になると一般化されていきます。

そして、17世紀には海上貿易を盛んにしていたオランダによってヨーロッパに広まっていきました。

35種類の紅茶、中国茶のお試しセット 「香茶の玉手箱 」送料無料

ヨーロッパでも最初は「東洋の秘薬」として珍重されます。

そして、むかーし、歴史で習った世界で初めての株式会社「東インド会社」が紅茶の販売権を独占したとか。

この独占によって得られた利益が大英帝国が繁栄に繋がっていったそうです。

【ポイント10倍】選べる3種ギフト(3種類のお好きなティーバッグセット) ノンカフェイン カフェインレス 卒業 入学 転勤 退職 異動 引越 御礼 御挨拶 誕生日 お祝い 送料無料 プレゼント 内祝 出産

17世紀の中頃になると、紅茶は庶民の生活にも普及していきました。

また、イギリスがインドやスリランカを植民地にし、紅茶の栽培を成功させるようになると生産量が中国を凌ぐほどにのびていきました。

マリアージュ フレール (紅茶 マリアージュフレール マリアージュ・フレール) 紅茶の贈り物 NGS-1C [ 飲料 ドリンク 紅茶 ティー 食品 ギフト 詰め合わせ セット おしゃれ アソート ]【送料無料】

日本に入ってきたのは明治時代で。

鎖国してたからですかね、日が浅い印象です。

1971年の輸入自由化やティーバッグの開発により、紅茶も普及していきました。

案外最近の話で、ちょっとビックリ。。。

【ふるさと納税】飲み比べで楽しめる!和紅茶詰合せ

これからますます寒くなっていくし、紅茶がより一層おいしく感じる季節ですね。

マリアージュ フレール (紅茶 マリアージュフレール マリアージュ・フレール) 紅茶の贈り物 NGS-1C [ 飲料 ドリンク 紅茶 ティー 食品 ギフト 詰め合わせ セット おしゃれ アソート ]【送料無料】

from れおん
ラベンダーアールグレイ ティーバッグ 20個Pack  送料無料 ティーパック アイスティー 紅茶 ミルクティー アイスミルク チャノキ 紅レッド 常温保存可能 【庭】

ハロウィンのはじまり

ハロウィンはキリスト教のイベントではないってご存知でしたか?

それは、古代ローマ時代のケルト人がやっていた収穫祭が起源になり、アメリカの民間行事として定着していった歴史があります。

ケルト人の1年の終わりは秋(10/31)で収穫を祝うとともに、冬が始まる翌日の11/1には、死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていました。

また、同じ時期に出てくる悪霊や魔女から身を守るために仮面などを身につけ、魔除けの焚き火をしてを悪霊を追い出す宗教的な行事、それがハロウィンです。

from れおん

お土産のはじまり

続いてお土産のはじまりについて調べてみました。

なんと、歴史的な書物には平安時代からお土産のことが書かれているそうです。

狩猟中心の生活から稲作中心の生活になると、人がその土地に定着します。

住んでいるところが、山の方だと海産物は手に入らないし、海の方だと山の幸は手に入らない。

ということで、地域特産品の交流が始まったそうです。

そこに、豪族という権力者が出てきて貢ぎ物になり、一般化されていく。

珍しいものを探すのは今でも同じですね。

お土産が定着していくのは、江戸時代から。

伊勢神宮へのお参りが市民に流行したことです。

当時は簡単には旅行できないから、地域の人がお金などを出しあって、代表者が参拝に行っていました。

そして、行けなかった人のためにお札や絵をお土産として持ち帰ったそうです。

現代は随分と楽に行けるようになりましたね。

トリバゴは、約400社のホテル予約サイトから料金や口コミ情報を提供してもらっているそうですよ。

色んなプランを見比べるのもラクになりましたね。

from れおん

贈り物がいつから始まったか知っていますか?

贈り物の慣習っていつから始まったの?

と疑問に思ったので調べてみました。

日本での贈り物の歴史は縄文時代にまで遡るみたい。

縄文時代は、おもに家族単位で狩猟や木の実などの採集が生活の中心。

それぞれの家族で獲れる量が変わってくるから、食事のときは幾つかの家族が集まって食べ物を分配していたのが贈り物の原点と言われているようです。

弥生時代になって生活が農耕中心になると、ムラというコミュニティがつくられ、神さまに作物が獲れた感謝の気持ちや来年も豊作になるように願いを込めて、神事が行われるようになりました。

日本には、神さまと人が同じ食事を味わうことで神さまとの親密さを強め、生活安泰の保証を得ようとする神人共食思想があり、新嘗祭などの神事の時に司祭者や参加者が神さまに捧げた食物を食べたとのこと。

この風習が人々の贈答という習慣に繋がったというのが定説のようです。

from れおん