【TDR限定】ミッキー柄の東京ばな奈

これからディズニーリゾートへ行こうとしている方は、

ディズニーリゾート限定の東京ばな奈が手頃なお土産だと思います。

なんと行っても柄がミッキー!

8個入りで1,300円。

味はキャラメルバナナです。

去年(2017年)の9月から発売されて、東京ディズニーランド「ワールドバザール・コンフェクショナリー」か、東京ディズニーシー「ヴァレンティーナズ・スウィート」にしかなかったけど、ボンボヤージュでも売られるようになったみたい。

ところで、私がディズニーに行くときは、友達と「〇時に集合ね~」と言って最初にお土産を買うのが定番になっています。

午前中だとお店も空いてるのと、品切れがないからお土産選びに余裕があります。

買ったものは皆でコインロッカーに預けて、ココロもカラダも軽くなって遊べますよ。

よかったらお試しください。

————————-

■お店URL

https://www.tokyodisneyresort.jp/tdl/goods/

■予算

1,300円

■想定する用途

・自宅用(おやつ)

・ディズニー好きな友人へのお土産

・ちょっとしたお礼

・チームメンバーへのお土産

■その他

・日保ちは、7日間

・お菓子の大きさは、タテ約9cm×ヨコ約3.5cm×高さ約2.5cm

■コスパ

@162.5円

cf)普通の東京ばな奈8個入り@135円

————————-

from れおん


キィニョン@エキュート上野

上野のecuteはパンダモチーフのお土産がいっぱいあって楽しいです。

そして、パンダ土産も多いけど、パン屋さんも多い。

私が好きなのは、キィニョンというパン屋さん

本店は国立にある手づくりパンのお店です。

定番から変わり種のものまで種類が揃っています。

スコーンも美味しかった。

生クリームをたっぷり使ってるから、外はサクサク、中はモチモチになるようです。

ややジャケ買いしたところもありましたが、美味しいスコーンでした。

手土産にしてもいいし、いつもとちょっと違う朝ごはんにもなるかな、と思いました。

————————-

■お店のURL

http://quignon.co.jp/

■予算

スコーン手土産セット 1,080円

■想定する用途

・自宅用(朝食、おやつ)

・友人宅へ遊びに行くときの手土産

・職場メンバーへのお土産

■その他

・日保ちは、常温で3日、冷凍保存で約1ヵ月

・1個あたり約70g

■コスパ

@216円

・プレーン@185円、紅茶205円よりは割高

・内容は、プレーン@185円、紅茶@205円、ナッツキャラメラーゼ@260円、シナモンとオレンジ@240円、かぼちゃマロン@225円なので、個別に買うより35円お得。

————————-

from れおん
ラ・ブランジュリ・キィニョン エキュート上野店
住所:東京都台東区上野7-1-1 エキュート上野 3F ⇒Google map
営業時間:[月~木・土] 8:00~22:00/ [金] 8:00~22:30 /[日] 8:00~21:00
定休日:エキュート上野に準じる


送別のアレンジメント

上司が異動で出向したときのアレンジメント。

会社の近所の青山フラワーマーケットにお願いしました。

7月だったから、花材はヒマワリが多い。

正直なところ、あんまりヒマワリを花束にするのは好きではないのでノリ気ではなかったのですが、出来上がりを見て安心しました。

中心が黄色いヒマワリなら許せるかも。

ブルーベリーが散らして入っているのが面白いアレンジメントでした。

お昼休みに買いに行って、見つからないように隠すのは結構至難のワザです。

珍しく打ち合わせが入っていなかったので、トイレに行ってる隙に足元に隠したりして。

そうやって、たくらんでる時が一番楽しい時間かも。

————————-

■お店のURL

https://www.aoyamaflowermarket.com/

■予算

3,000円

■用途

異動・送別(感謝とかお礼)

■渡した相手

上司

■コスパ

ヒマワリ3本に他の花材で、妥当なところかな?

職場なので役職に応じて傾斜配分しました。

————————-

from れおん


もっとラブリーにしたかったけど

同級生との飲みでサプライズバースデーを計画。

クール系の人なので、ここは思いっきり彼女のイメージと真逆のラブリー系で攻めていこうということに。

ということで、色はピンク系。

4月=春=チューリップ!という発想で、チューリップをふんだんに使いたかったけれど、花屋さんではチューリップはシーズンオフのようでした。

何件かまわってチューリップが置いてあるお花屋さんでアレンジメントを作ってもらいました。

こてこてのラブリーにはならなかったけど、そこそこのラブリーに仕上げてくれるあたり、さすがです。

もともと、仕事の関係で飲み会に遅れて行ったので、持ち込みはしやすかったです。

お店の人に「デザートを頼んだら、お花も持ってきてもらっていいですか?」とお願いしたら、快く悪だくみ(?)にのってくれました。

サプライズの結果は、「こんな祝われ方は久しぶりだ」と、涙して喜んでくれました。

家飲みだったら、バルーンでデコするのも楽しいかも。

JINSELF 誕生日 吊るせる風船 バルーン パステル パステルカラー ペーパーフラワー ポンポン フォトプロップス プロップス ガーランド 飾り付け 飾り 装飾 セット ポンプ 空気入れ付き カラフル TA

————————-

■予算

3,000円

■用途

お誕生日のお祝い

■渡した相手

同級生

■コスパ

チューリップ4本のほか、バラ3本、ガーベラ3本入って3,000円は良いのでは?

————————-

from れおん

バースデーの手土産

友人宅にお邪魔した時に、FOUNDRY(ファウンドリー)のストロベリータルトを手土産にしました。

ファウンドリーは、軽井沢に本店があるケーキ屋さん。

約100件の農家と契約しているので、旬のフルーツ、しかも一番美味しい時期のものをふんだんに使っています。

だから迫力ある見映えだし、美味しいんですね。

小さい子もいたので、ケーキを見てはしゃいでいました。

さて、食べるときは、

練乳らしき蜜を注入。

おそらくタルト生地に染み込んだのでしょう。

そんなことをワイワイやるのも楽しいし、いい手土産になりました。

東京や大阪の百貨店やecuteにも進出しているので、手土産におすすめのケーキ屋さんです。

軽井沢の本店は7月から10月しかやっていないそうなので、行くときは営業してるか要チェックです。

————————-

■お店のURL

http://www.foundry-karuizawa.com/brand

■値段

3,240円

■用途

お誕生日のお祝い

■渡した相手

グループで一緒に行動する友人

■その他

・賞味期限は、購入日当日まで

・サイズは?(直径15cmくらい?)

■コスパ

8等分したら@405円

6等分したら@540円

————————-

from れおん

職場のばらまき用(少人数のとき)

メンバーが少ない時は、一人当たりの単価が300~500円くらいのちょっといいものにしています。

お土産ではあるけど、会社生活をちょっと豊かにしたいから自分が食べたいとか、リサーチしておきたいって思うお菓子を選んだりしています。

from れおん

職場のばらまき用(大人数のとき)

出張や旅行に行った時はお土産を買っています。

買う義理はないと言う人もいますが、コミュニケーションを取りやすくなるし、自分も食べてみたいし、まぁ、いいかなと。

大人数の時は、お手頃価格の定番なお菓子にしています。

昼休みに配る想定の時はデザートになるような甘いもの、終業後に配る想定の時は残業中のおやつになるようなしょっぱいものを選んでいます。

さすがに、30人を超えるとか、大人数の職場では女性だけにします。

媚びる必要はないけど、同性との関係が良好なのと仕事がしやすい環境は比例していると思います。

from れおん

お土産を選ぶとき

お土産のリクエストがあると、考えなくてラクですよね。

(旅行だとどのタイミングで売っているお店に行くか悩むことはあるけれど…)

ですが、大抵の場合はそうではないので、悩んでしまいます。

オススメは、旅行や出張に行く前にざっくり誰に何をあげるかを決めてしまうこと。

●誰にあげるか?

家族、職場、戻ってから直ぐに会う友人、ブログの読者になってる友人、義理だてしなくちゃいけない知人、そして自分用など。

急に必要になった時のためにバッファーを用意しておくこともオススメです。

●何をあげるか?

職場はバラマキ用の〇〇(大抵お菓子)、友人なら相手が好きそうなものや使えそうなもの、家族なら定番のものから試しておきたいものなど。

ざっと決めておけば良くて、もし、旅行先で「こっちの方がいいかも?」と思うのがあれば、そっちに変えちゃう。

バッファーは日持ちするお菓子がオススメ。

使わなければ自分で食べればいいです。

●どこら辺で買うか?

駅や空港で買うか、滞在場所の近くで買うか、買えるところまで行くかなど。

これらを、事前にメモっておけば、買い物する時に見直すことができるので、冷静に考えられますよ。

from れおん

お土産のはじまり

続いてお土産のはじまりについて調べてみました。

なんと、歴史的な書物には平安時代からお土産のことが書かれているそうです。

狩猟中心の生活から稲作中心の生活になると、人がその土地に定着します。

住んでいるところが、山の方だと海産物は手に入らないし、海の方だと山の幸は手に入らない。

ということで、地域特産品の交流が始まったそうです。

そこに、豪族という権力者が出てきて貢ぎ物になり、一般化されていく。

珍しいものを探すのは今でも同じですね。

お土産が定着していくのは、江戸時代から。

伊勢神宮へのお参りが市民に流行したことです。

当時は簡単には旅行できないから、地域の人がお金などを出しあって、代表者が参拝に行っていました。

そして、行けなかった人のためにお札や絵をお土産として持ち帰ったそうです。

現代は随分と楽に行けるようになりましたね。

トリバゴは、約400社のホテル予約サイトから料金や口コミ情報を提供してもらっているそうですよ。

色んなプランを見比べるのもラクになりましたね。

from れおん

贈り物には義務感がある

フランスの社会学者、マルセル・モースは著書「贈与論」の中で贈り物には3つの義務が発生すると言っています。

①与える義務

前例や慣習、他の人が贈り物をしてるのに自分はしなくていいのかといったプレッシャー

②もらう義務

贈り物を貰うことで債務意識が芽生えること。また、拒むことで人間関係を悪くしたくないという気持ち

③お返しする義務

「貸し」「借り」を作った状態にしたくないという気持ち

ものすごく分かります!

贈るつもりはなかったけど〇〇さんが贈るから私もプレゼントを用意しなくちゃとか、逆にプレゼントしようと思ってるけど、周りは「あげない」って言ってるから引いちゃうとか。

貰ってしまったら何かお返し用意しなくちゃとか。

至るところで気を遣ってヘトヘトになったりして。

でも、コミュニティの関係を維持するには必要なことなのでしょうね。

こういうのをスマートにできる人になりたいなぁ。。。

from れおん

贈り物の特徴

wikipediaによると、贈り物には3つの特徴があるとのこと。

(wikipediaより引用。2018年10月5日時点の情報。)

  • 贈り物を媒介として、前の所有者の人格や感情が伝達される。
  • 友情や信頼の持続性を表明するため、お返しには一定の間隔をおく。
  • 贈り物では、交換価値(例えば金額換算)という思考が通常は排除される。

難しく書いてありますが、モノを通して気持ちが伝わるっていうことに納得。

一生懸命考えてくれたんだなとか、無難なものを選んだんだなとか、間に合わせだなとか、何となく分かっちゃいますもんね。

どうせあげるなら、相手に喜んでもらいたい。

だから、プレゼント選びは悩ましいんですね。

from れおん

贈り物がいつから始まったか知っていますか?

贈り物の慣習っていつから始まったの?

と疑問に思ったので調べてみました。

日本での贈り物の歴史は縄文時代にまで遡るみたい。

縄文時代は、おもに家族単位で狩猟や木の実などの採集が生活の中心。

それぞれの家族で獲れる量が変わってくるから、食事のときは幾つかの家族が集まって食べ物を分配していたのが贈り物の原点と言われているようです。

弥生時代になって生活が農耕中心になると、ムラというコミュニティがつくられ、神さまに作物が獲れた感謝の気持ちや来年も豊作になるように願いを込めて、神事が行われるようになりました。

日本には、神さまと人が同じ食事を味わうことで神さまとの親密さを強め、生活安泰の保証を得ようとする神人共食思想があり、新嘗祭などの神事の時に司祭者や参加者が神さまに捧げた食物を食べたとのこと。

この風習が人々の贈答という習慣に繋がったというのが定説のようです。

from れおん

はじめまして

れおんと申します。
20年近く働いてるアラフォーOLです。

人付き合いをする時に、お土産どうしようかなぁとか、あの人のお誕生日が近いけどプレゼントを何にしようかなぁって結構悩んでます。

Webを検索してもピンとこないし、そんなにお金もかけられないし。。。

でも、もしかしたら、同じように悩んでる人がいるかも?と思い、ブログを始めてみようと思いました。

自分があげたもの、人からいただいたもの、お店をフラフラして気になったものなどをアップしていきたいと思います。

雑誌やインスタに載るようなオシャレなものにはならないかもしれない。

でも、読んでくださった方の参考になれば嬉しいです。

よろしくお願いします。

from れおん