ハワイ王国

アメリカのハワイ州

元々は、ハワイ王国でした。

1843年の今日は、ハワイ王国がイギリスとフランスから独立国として公式に認められた日です。

昔のハワイは、それぞれの島にAli’iという王様がいました。

そのハワイ諸島を統一したのがカメハメハ1世。

彼はハワイ諸島統一後、農業などの普及、ハワイ王国の憲法制定に尽力し、ハワイを平和で豊かなものにしていきました。

ハワイの歴史は決して明るいものだけではありません。

1778年にジェームズ・クック船長がハワイを発見してから、多くの白人がやってきて、近代化の波に飲まれて行きます。

白人の中にはキリスト教の宣教師もいました。

当時のハワイアンは文字をもたなかったため、白人からは野蛮な文化とレッテルを貼られ、ハワイ語やフラを踊ることを禁止していきました。

ハワイアンにとって神さまのものとされている土地も奪っていきました。

そして、ハワイ王国最後のリリウオカラニ女王をイオラニ宮殿に幽閉し、アメリカに統合していく…

Aloha ‘oe(アロハオエ)という曲は、リリウオカラニ女王が幽閉されている時にハワイアンの人たちを想って作られた曲なんですよ。

かなり端折ってしまいましたが、そんな悲しい歴史がハワイにはあります。

ハワイに旅行するときはショッピング以外に歴史に触れてみるのもおすすめですよ。

from れおん